• Nov 11 2018

    イエスは良い羊飼い

    メッセンジャー:
    中岡太助 牧師
    長さ:
    39:47

    イエスは良い羊飼いJesus Is A Good Shepherd

    (詩篇23:1-4 JCB)主は私の羊飼いですから、 必要なものはみな与えてくださいます。 (2-3)主は私を豊かな牧草地にいこわせ、 ゆるやかな流れのほとりに導いて行かれます。 主は傷ついたこの身を生き返らせ、 主の栄光を現すことができるよう、 私を助けてくださいます。 (4)たとえ、死の暗い谷間を通ることがあっても、 恐れません。 主がすぐそばにいて、 私の行く道をいつもお守りくださるからです。 (Psalm 23:1-4 NIV) The Lord is my shepherd, I lack nothing. (2) He makes me lie down in green pastures, he leads me beside quiet waters, (3) he refreshes my soul. He guides me along the right paths for his name’s sake. (4) Even though I walk through the darkest valley, I will fear no evil, for you are with me; your rod and your staff, they comfort me.

    (ヨハネ10:10-11 JCB)強盗は、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするために来ます。 しかしわたしが来たのは、いのちをあふれるほど豊かに与えるためです。(11)わたしはまた、良い羊飼いです。良い羊飼いは羊のためにはいのちも捨てます。 (John 10:10-11 NIV) The thief comes only to steal and kill and destroy; I have come that they may have life, and have it to the full. (11) “I am the good shepherd. The good shepherd lays down his life for the sheep.

    イエスは必要を満たしてくれる Jesus Satisfies Our Needs (詩篇23:1 JCB)主は私の羊飼いですから、 必要なものはみな与えてくださいます。 (Psalm 23:1 NIV) The Lord is my shepherd, I lack nothing.

    (ピリピ4:19 JCB)神は、キリスト・イエスが成し遂げてくださったことによるご自身の栄光の富の中から、 あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださる方です。 (Philippians 4:19 NIV) And my God will meet all your needs according to the riches of his glory in Christ Jesus.

    イエスは休息を与えてくれる Jesus Gives Us Rest (詩篇23:2-3 NIV 2-3)主は私を豊かな牧草地にいこわせ、 ゆるやかな流れのほとりに導いて行かれます。 主は傷ついたこの身を生き返らせ、 主の栄光を現すことができるよう、 私を助けてくださいます。 (Psalm23:2-3 NIV)He makes me lie down in green pastures, he leads me beside quiet waters, (3)he refreshes my soul. He guides me along the right paths for his name’s sake.

    (マタイ11:28-30)重い束縛を受けて、疲れはてている人たちよ。さあ、わたしのところに来なさい。あなたがたを休ませてあげましょう。 (29)わたしはやさしく、謙遜な者ですから、負いやすいわたしのくびきを、わたしといっしょに負って、わたしの教えを受けなさい。そうすれば、あなたがたのたましいは安らかになります。(30)わたしが与えるのは軽い荷だけだからです。」 (Matthew 11:28-30 NIV) Come to me, all you who are weary and burdened, and I will give you rest. (29) Take my yoke upon you and learn from me, for I am gentle and humble in heart, and you will find rest for your souls. (30) For my yoke is easy and my burden is light.

    イエスは安全に守ってくれる Jesus Protects Us (詩篇23:4 JCB)たとえ、死の暗い谷間を通ることがあっても、 恐れません。 主がすぐそばにいて、 私の行く道をいつもお守りくださるからです。 (Psalm 23:4 NIV) Even though I walk through the darkest valley, I will fear no evil, for you are with me; your rod and your staff, they comfort me.

    (1ペテロ2:25 JCB)あなたがたは神から離れて迷子の羊のようにさまよっていましたが、今は、どんな敵の攻撃からもたましいを安全に守ってくださる、羊飼いである方のもとに帰ったのです。 (1 Peter 2:25 ERV) You were like sheep that went the wrong way. But now you have come back to the Shepherd and Protector of your lives.

    APPLICATION 時間を作る Make Time 祈りから始める Start With Prayer 聖書を読んで、書き記すRead The Scriptures And Write Down The Thoughts 人生に適用する Apply The Words To Your Life おすすめ Blue book tool “最初の一ヶ月のジャーナル”

  • The promise of 'The Good, Good Father's Heart’? 良い、良いお父さんの心の約束? 'Abba’ - 'papa' - word found all around the world. 「アバ」– パパ =世界中で使われる言葉 (Psalm 68:4-6 NIV) Sing to God, sing in praise of his name, extol him who rides on the clouds; rejoice before him—his name is the Lord. (5) A father to the fatherless, a defender of widows, is God in his holy dwelling. (6) God sets the lonely in families, he leads out the prisoners with singing; but the rebellious live in a sun-scorched land. (詩篇 68:4-6 JCB)神に賛美の歌をささげなさい。雲に乗って来られる方に、声高らかに歌いなさい。喜びを満面にたたえて、この方の前に出なさい。(5)きよいお方である神は、父親のいない子の父となり、未亡人の訴えを公正に取り扱ってくださいます。(6)身寄りのない者に家族を与え、囚人を牢獄から解き放ち、その口に喜びの歌をわき上がらせてくださいます。しかし、神に背く者の行く手には、ききんと悩みが待っています。

    (Job 29:16a NIV) I was a father to the needy; (ヨブ 29:16a JCB)貧しい者には父親のようになり、

    • The Father of the powerless (adunatos) 力のない者のお父さん (Luke 18:27 NIV) Jesus replied, “What is impossible with man is possible with God.” (ルカ 18:27 ALIVE訳)「人間にできないことが神にはできる!」イエスは、仲間たちの疑問を断ち切った。

    • What is powerless (adunatos) with men, is powerful (dunatos) with the Good, Good Father. Q:How does Jesus reveal the Father to us? どのようにイエスはお父さんのことを明らかにするのか? A.Parables, pictures, metaphors. 例え話、写真、比喩 B.Jesus Himself 自らを通して

    (John 14:8-9 NIV) Philip said, “Lord, show us the Father and that will be enough for us.” (9) Jesus answered: “Don’t you know me, Philip, even after I have been among you such a long time? Anyone who has seen me has seen the Father. How can you say, ‘Show us the Father’? (ヨハネ 14:8-9 JCB)今度はピリポが口をはさみました。「先生。あなたのお父様を見せてください。それだけで十分ですから。」(9)「ピリポ。こんなに長くいっしょにいるのに、わたしがどういう者かまだわからないのですか。わたしを見た者は、父を見たのです。それなのにどうして父を見せてくださいなどと言うのですか。

    Q:What is the father like? Luke 15 tells a parable どのようなお父さん?ルカ15の例え話 A Good, Good Father had 2 sons. Both 'missed the mark’. He loved both. とっても、とっても良いお父さんは2人の息子がいた。二人とも的を外してしまった。でもお父さんは二人とも愛していた。

    1.Younger Son: 年下の息子 (Luke 15:12, 18-24 NIV) he younger one said to his father, ‘Father, give me my share of the estate.’ So he divided his property between them. (18) I will set out and go back to my father and say to him: Father, I have sinned against heaven and against you. (19) I am no longer worthy to be called your son; make me like one of your hired servants.’ (20) So he got up and went to his father. “But while he was still a long way off, his father saw him and was filled with compassion for him; he ran to his son, threw his arms around him and kissed him. (21) “The son said to him, ‘Father, I have sinned against heaven and against you. I am no longer worthy to be called your son.’ (22) “But the father said to his servants, ‘Quick! Bring the best robe and put it on him. Put a ring on his finger and sandals on his feet. (23) Bring the fattened calf and kill it. Let’s have a feast and celebrate. (24) For this son of mine was dead and is alive again; he was lost and is found.’ So they began to celebrate. (ルカ 15:12, 18-24 JCB)ある日、弟のほうが出し抜けに、『お父さん。あなたが亡くなってからでなく、今すぐ財産の分け前がほしいんです』と言いだしたのです。それで父親は、二人にそれぞれ財産を分けてやりました。(18)そうだ、家に帰ろう。帰って、お父さんに頼もう。「お父さん。すみませんでした。神様にもお父さんにも、罪を犯してしまいました。(19)もう息子と呼ばれる資格はありません。どうか、雇い人として使ってください。」』(20)決心がつくと、彼は父親のもとに帰って行きました。ところが、家まではまだ遠く離れていたというのに、父親は息子の姿をいち早く見つけたのです。『あれが帰って来た。かわいそうに、あんなみすぼらしいなりで。』こう思うと、じっと待ってなどいられません。走り寄って抱きしめ、口づけしました。 (21)『お父さん。すみませんでした。ぼくは、神様にもお父さんにも、罪を犯してしまいました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』(22)ところが父親は、使用人たちにこう言いつけたのです。『さあ、何をぼやぼやしている。一番良い服を出して、この子に着せてやりなさい。宝石のついた指輪も、くつもだ。(23)それから肥えた子牛を料理して、盛大な祝宴の用意をしなさい。(24)死んだものとあきらめていた息子が生き返り、行方の知れなかった息子が帰って来たのだから。』こうして祝宴が始まりました。

    2.Older Son 年上の息子 (Luke 15:25-32 NIV) “Meanwhile, the older son was in the field. When he came near the house, he heard music and dancing. (26) So he called one of the servants and asked him what was going on. (27) ‘Your brother has come,’ he replied, ‘and your father has killed the fattened calf because he has him back safe and sound.’ (28) “The older brother became angry and refused to go in. So his father went out and pleaded with him. (29) But he answered his father, ‘Look! All these years I’ve been slaving for you and never disobeyed your orders. Yet you never gave me even a young goat so I could celebrate with my friends. (30) But when this son of yours who has squandered your property with prostitutes comes home, you kill the fattened calf for him!’ (31) “‘My son,’ the father said, ‘you are always with me, and everything I have is yours. (32) But we had to celebrate and be glad, because this brother of yours was dead and is alive again; he was lost and is found.’” (ルカ 15:25-32 JCB)ところで、兄のほうはどうだったでしょう。彼は、その日も畑で働いていました。家に戻ってみると、何やら楽しげな踊りの音楽が聞こえます。(26)いったい何事かと、使用人の一人に尋ねると、(27)『弟さんが帰って来られたのです。だんな様は、たいへんなお喜びで、肥えた子牛を料理し、ご無事を祝う宴会を開いておられるのです』というのです。(28)事情を聞いて、兄は無性に腹が立ってきました。家に入ろうともしません。父親が出て来てなだめましたが、(29)兄は父に食ってかかりました。『私はこれまで、お父さんのために汗水流して働いてきました。お父さんの言いつけに、ただの一度もそむいたことはありません。なのに、友達と宴会を開けと言って、子やぎ一匹くれたことがありますか。(30)ところが、遊女におぼれてあなたのお金を使い果たした弟のためには、最上の子牛を料理して、お祭り騒ぎをするのですか。』 (31)すると、父親は言いました。『いいか、よく聞きなさい。おまえはいつだって、私のそばにいたではないか。私のものは全部おまえのものだ。(32)考えてもみなさい。あれはおまえの弟なのだよ。死んだと思ってあきらめていたのが、無事に帰って来たのだ。いなくなっていたのが見つかったのだから、お祝いするのはあたりまえではないか。』」

    The Good, Good Father’s message to the Younger Son とっても、とっても良いお父さんから年下の息子へのメッセージ “All is forgiven. Now come and live like a son” 「全部赦されてる、戻ってきて息子のように生きろ

    The Good, Good Father’s message to the Older Son とっても、とっても良いお父さんから年上の息子へのメッセージ “You’ll always be my son. Now go, and love others not like you”. 「いつでも息子だぞ、あなたとは違うタイプの人も愛していきなさい」

    We are ‘sons’ and ‘daughters’ of the Good, Good Father. 俺たちは良い、良いお父さんの「息子」と「娘」 (Galatians 4:4-7 NIV) But when the set time had fully come, God sent his Son, born of a woman, born under the law, (5) to redeem those under the law, that we might receive adoption to sonship. (6) Because you are his sons, God sent the Spirit of his Son into our hearts, the Spirit who calls out, “Abba, Father.” (7) So you are no longer a slave, but God’s child; and since you are his child, God has made you also an heir. (ガラテヤ 4:4-7 ALIVE訳)しかし、時が熟すと、神が女を通して一人子を遣わした。そして彼は完全に掟の下にあった。(5)それは、掟の奴隷になっていた私たちを買い戻し、自由の身とするためであり、神の子どもとして迎えてくれるためなのだ。(6)このように、父である神は、子である私たちの心に、神の霊を送ってくれた。そのおかげで、今では恐れ多くも神を“父さん”と呼ぶことができるのだ!(7)私たちは、もはや奴隷ではない。神の子ども。子どもであるからには、神の持っているものはすべて、私たちのもの。これが神の計画だ!

    Come and know the Good, Good Father. 良い、良いお父さんを知ろう (Romans 5:8 NIV) But God demonstrates his own love for us in this: While we were still sinners, Christ died for us. (ローマ 5:8 ALIVE訳)しかし、神の偉大な愛は違った。私たちがまだ、自己中だったとき、つまり神の敵だったときに、救世主は私たちのために死んでくれたのだ。

  • Nov 4 2018

    俺たちの街

    メッセンジャー:
    渋谷 将史 牧師
    長さ:
    37:10
    (使徒 8:4-8 JCB)しかし、エルサレムから逃げ出したクリスチャンたちは、どこへ行っても、神のことばを伝えて歩きました。(5)ピリポはサマリヤの町へ行き、人々にキリストのことを話しました。(6)ピリポが奇跡を行ったので、みな彼の話に熱心に耳を傾けたのです。(7)悪霊どもは大声でわめきながら人々から出て行き、中風(脳出血などによる半身不随、手足のまひ等の症状)の人や足の不自由な人たちも、次々に治りました。(8)今や、町中が喜びにわき返り、大騒ぎです。
    (Acts 8:4-8 NLT) But the believers who were scattered preached the Good News about Jesus wherever they went. (5) Philip, for example, went to the city of Samaria and told the people there about the Messiah. (6) Crowds listened intently to Philip because they were eager to hear his message and see the miraculous signs he did. (7) Many evil spirits were cast out, screaming as they left their victims. And many who had been paralyzed or lame were healed. (8) So there was great joy in that city.

    どこに行っても、メッセージを運ぼう!Wherever You Go, Carry Your Message!
    (使徒 8:4 JCB) しかし、エルサレムから逃げ出したクリスチャンたちは、どこへ行っても、神のことばを伝えて歩きました。
    (Acts 8:4 NLT) But the believers who were scattered preached the Good News about Jesus wherever they went.

    イエスと一緒に街を勝ち取ろうWin This City Over With Jesus
    (ヨシュア 1:3 新改訳)あなたがたが足の裏で踏む所はことごとく、わたしがモーセに約束したとおり、あなたがたに与えている。
    (Joshua 1:3 NIV) I will give you every place where you set your foot, as I promised Moses.

    イエスはあなたに自由・癒しを与えたい!
    Jesus Wants To Give You Healing And Freedom!
    (使徒 8:7 JCB)悪霊どもは大声でわめきながら人々から出て行き、中風(脳出血などによる半身不随、手足のまひ等の症状)の人や足の不自由な人たちも、次々に治りました。
    (Acts 8:7 NLT) Many evil spirits were cast out, screaming as they left their victims. And many who had been paralyzed or lame were healed.
    (イザヤ 53:5 JCB)しかし、私たちの罪のために傷つき、血を流したのです。彼は私たちに平安を与えようとして、進んで懲らしめを受けました。彼がむち打たれたので、私たちはいやされました。
    (Isaiah 53:5 NLT) But he was pierced for our rebellion, crushed for our sins. He was beaten so we could be whole. He was whipped so we could be healed.
    (詩篇 147:3 JCB)心の傷ついた人々を優しくいたわり、傷口を覆ってくださいます。
    (Psalm 147:3 NLT) He heals the brokenhearted and bandages their wounds.

    幸せか喜び?Happiness Or Joy?
    (ネヘミヤ 8:10b JCB) 神である主を喜ぶことこそ、あなたがたの力なのだ。しょんぼりと悲しそうにしていてはいけない。」
    (Nehemiah 8:10b NLT) Don’t be dejected and sad, for the joy of the Lord is your strength!”
    (ピリピ 4:4 ALIVE訳)イエス様がともにいることをいつも喜べ!もう一度言おう。喜べ!
    (Philippians 4:4 NLT) Always be full of joy in the Lord. I say it again—rejoice!
  • Nov 4 2018

    その蛇を振り落とせ!

    メッセンジャー:
    ロド プラマー牧師
    長さ:
    44:05
    -You can’t stop ‘snakebites’ in life, but you can stop the venom hurting you in Jesus Christ!
    人生で蛇に噛まれるのはしょうがないかもしれないけど、イエスの名によって解毒することはできる!
    1.The Shipwreck 難破
    (Acts 28:1-2 NIV) Once safely on shore, we found out that the island was called Malta. (2) The islanders showed us unusual kindness. They built a fire and welcomed us all because it was raining and cold.
    (使徒 28:1-2 JCB)そこがマルタと呼ばれる島であることは、すぐにわかりました。島民はとても親切で、雨と寒さでぶるぶる震えていた私たちを暖めようと、浜辺でたき火をしてくれました。
    -Paul landed on the beach in good heart and ready for the next season. (Not a victim but an overcomer)
    -People showed "NOT ordinary kindness" - Kindness that “Hit the spot” "Hit the bullseye”
    -God will give back in great relationships forged in the darkness. Treasures in the darkness.

    2.The Snakebite 蛇に噛まれた傷
    (Acts 28:3-6 NIV) Paul gathered a pile of brushwood and, as he put it on the fire, a viper, driven out by the heat, fastened itself on his hand. (4) When the islanders saw the snake hanging from his hand, they said to each other, “This man must be a murderer; for though he escaped from the sea, the goddess Justice has not allowed him to live.” (5) But Paul shook the snake off into the fire and suffered no ill effects. (6) The people expected him to swell up or suddenly fall dead; but after waiting a long time and seeing nothing unusual happen to him, they changed their minds and said he was a god.
    (使徒 28:3-6 JCB)パウロが一かかえの木切れをたばねて火にくべると、熱気でまむしがはい出し、手に巻きつきました。(4)島の人たちは、まむしがぶらさがっているのを見て、「きっと人殺しなんだよ。海からは助かっても、正義の女神がお見のがしにはならないんだ」と、ひそひそささやき合いました。(5)ところがパウロは、平気な顔でまむしを火の中に払い落とし、ぴんぴんしています。(6)人々は、今にもはれ上がるか、突然倒れて死ぬのではないかと、息をひそめていました。しかし、いくらたっても、いっこうに何も起こりません。今度は、人々はパウロを神だと考えるようになりました。
    -viper - laid hold of his hand - to attack, seize hold of.
    -Bad karma, right? No, God’s will.
    serpent, snake, viper.
    (literally) a poisonous snake;
    (figuratively) incisive words that deliver deadly venom. This switches the bitter for the sweet, light for darkness.
    -snakes will bite, but they don’t have to hurt. And we don’t have to accept venom into out lives.
    -They kept on expecting him to die. They kept on looking, they kept on seeing ‘nothing out of place’. (Luke 10:19 NIV) I have given you authority to trample on snakes and scorpions and to overcome all the power of the enemy; nothing will harm you.
    (ルカ 10:19 ALIVE訳)やつらは、敵だ。だが、自覚しろ!おまえたちには、ヤツを大きく上回る力を授けた!その力は、ヘビやさそりのような恐ろしい敵を軽々と踏みにじる力だ。おまえたちに指一本触れることはできない。
    -Over time, they changed their minds about Paul. (Sometimes it takes time - Outlive your opposition).


    3.Our victory opens the door for miracles 勝利は奇跡の扉を開く
    (Acts 28:7-9 NIV) There was an estate nearby that belonged to Publius, the chief official of the island. He welcomed us to his home and showed us generous hospitality for three days. (8) His father was sick in bed, suffering from fever and dysentery. Paul went in to see him and, after prayer, placed his hands on him and healed him. (9) When this had happened, the rest of the sick on the island came and were cured.
    (使徒 28:7-9 JCB)この浜辺の近くに、島の首長ポプリオの領地がありました。首長は私たちを招き、三日間も親切にもてなしてくれました。(8)ところが、ポプリオの父が高熱と赤痢で苦しんでいるというので、パウロが行って、彼のために祈り、手を置いて治してやりました。(9)これを聞くと、島中の病人がぞくぞくと詰めかけ、みんな治してもらいました。
    {Like us in Seibika investigation. through successful evangelism.
    Like Paul and Silas in prison.
    Like Good Samaritan. Not bad karma, but a chance for all to help together. (Tejas).
    They gave to the people.}

    Take-aways:
    1.No weapon forged against you shall prosper あなたに向けられるどんな武器も役に立たなくなる
    (Isaiah 54:17 NIV) no weapon forged against you will prevail, and you will refute every tongue that accuses you. This is the heritage of the servants of the Lord, and this is their vindication from me,” declares the Lord.
    (イザヤ 54:17 JCB)しかし、やがて来る日には、あなたに向けられるどんな武器も役に立たなくなり、法廷でどんなに偽証がなされようと、あなたは正しいと認められるようになる。これが、主のしもべの特権であり、わたしからの祝福だ。」こう主は語ります。
    2.Tearing down that dominating thing in your life 人生を支配している物を壊す
    (2 Corinthians 10:3-5 NIV) For though we live in the world, we do not wage war as the world does. (4) The weapons we fight with are not the weapons of the world. On the contrary, they have divine power to demolish strongholds. (5) We demolish arguments and every pretension that sets itself up against the knowledge of God, and we take captive every thought to make it obedient to Christ.
    (2 コリント 10:3-5 JCB)私がごくあたりまえの弱い人間であることは事実です。しかし私は、戦いに勝つために人間的な計画や方策を用いません。(4)悪魔の要塞を打ち破るために、人間の手によらない神の強力な武器を使います。(5)この武器は、神に逆らうあらゆる高慢な議論と、人々の目から神を隠している、あらゆる壁を打ち砕きます。この武器を用いて私は、反抗する者を捕虜として神に連れ戻し、回心させて、キリストに従わせます。
    3. And we know that all things work together for good to those who love God, to those who are called according to his purpose
    そして私たちは、人が神を愛し、神の計画どおりに歩んでいるなら、自分の身に起こるすべてのことが益となると知っている!
    (Romans 8:28 NIV) And we know that all things work together for good to those who love God, to those who are called according to his purpose
    (ローマ 8:28 ALIVE訳)そして私たちは、人が神を愛し、神の計画どおりに歩んでいるなら、自分の身に起こるすべてのことが益となると知っている!
    4.Fight the good fight of faith 信仰という戦いを戦い抜く
    (2 Timothy 4:7 NIV) I have fought the good fight, I have finished the race, I have kept the faith.
    (2 テモテ 4:7 ALIVE訳)私は神のために忠誠を尽くし、戦いに戦い抜き、人生という名のレースを完走した。