Blog Post » 日曜日のメッセージから

寛大な世界に生きることについて、ロドさんがメッセージしてくれたよ。
(箴言11:24/メッセージ訳からの直訳)寛大な人の世界はどんどん大きく広がっていくが、
ケチな人の世界はどんどん小さくなっていく。

(2 コリント9:6-12)私はこう考えます。少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。(7)ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。(8)神は、あなたがたを、常にすべてのことに満ち足りて、すべての良いわざにあふれる者とするために、あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方です。(9)「この人は散らして、貧しい人々に与えた。その義は永遠にとどまる。」と書いてあるとおりです。

(10)蒔く人に種と食べるパンを備えてくださる方は、あなたがたにも蒔く種を備え、それをふやし、あなたがたの義の実を増し加えてくださいます。(11)あなたがたは、あらゆる点で豊かになって、惜しみなく与えるようになり、それが私たちを通して、神への感謝を生み出すのです。(12)なぜなら、この奉仕のわざは、聖徒たちの必要を十分に満たすばかりでなく、神への多くの感謝を通して、満ちあふれるようになるからです。
「どんどん小さく」鍵となることば:
少しの種- とても小さな収穫
「どんどん大きく広がる」鍵となることば:
種、蒔く者、刈り取り、大きな種 -収穫、控え目に、寛大に、豊かに、非常に、喜んで、与える者、恵み、全て、いつも、必要な全て、供給、増殖…感謝

1,人々が大きく広がっていく
(マタイ5:38)『目には目で、歯には歯で』と言われたのを、あなたがたは聞いています。

聖書の時代、これはフェアな法律で悪くない考え方だった。でももしこれを人が心の中にこれをもっていたら、小さくなってしまう。イヤなことをされて復讐することばかり考えていたら?

フェアではないことがあった時、仕返ししたいと思った時、それを赦せるかクリーンハートで保てるか、が大切。
清い心で生きる人の心はもっと広がる。
イエスの言う寛大な原則で生きよう。

(ローマ12:14)あなたがたを迫害する者を祝福しなさい。祝福すべきであって、のろってはいけません。

あの人を復讐してくださいという祈りを神様は聴かない。祝福してくださいと祈ろう。
そうする時、神様は私たちの心に変化を起こしてくれる。
相手のベストを祈ろう。

2.あなたの賜物の分野が大きく広がっていく
(ローマ12:6-8)私たちは、与えられた恵みに従って、異なった賜物を持っているので、もしそれが預言であれば、その信仰に応じて預言しなさい。(7)奉仕であれば奉仕し、教える人であれば教えなさい。(8)勧めをする人であれば勧め、分け与える人は惜しまずに分け与え、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は喜んでそれをしなさい。

(エペソ6:5-8/メッセージ訳からの直訳)
仕える者たち、いつも本当の主人キリストに従っているように、この地上の主人を尊敬して従いなさい。
ただ、やらなきゃいけないから何とか乗り切ろう、という考え方は止めなさい。
しかし、神様が求めているように、キリストに仕える者として一生懸命働きなさい。
そして、笑顔で働きなさい。誰に何を頼まれようとも、神様に仕えているんだ、という思いを忘れてはいけません。良い働きをすれば、奴隷であっても、自由であっても、あなたは主人から良い収入を得る事が出来ます。

多く与え、寛大にいきるときにさらに人生も大きく祝福される。神様に忠実になる時に、神様はさらに与えて人生を拡大してくれる。恵みによって大きな心を与える人になろう。もっと大きく成長し、もっと大きく祈ろう。